安いキャットフードは選んではダメ!

12月 5th, 2014

 

ペットブームが高まっている昨今、

ドッグフードやキャットフードは規格が作られ、

それに当てはまらない

安全性の低いものは

販売できなくなりました。

 

これは、ペットフードに有害な

添加物などが含まれているものが

ペットに健康被害を与えていたため、

より安全なものを食べさせてあげたいという

消費者の声が多くなったためです。

 

 

 

安いキャットフードには添加物がたっぷり

キャットフードは、ドッグフードよりも

カロリーが高く脂肪分も多いという特徴があります。

 

安い価格で販売されているキャットフードは、

価格を抑えるために

材料費などを抑えています。

 

海外で生産されていたり、

材料も人間が食べられるような

新鮮なものではなく、

廃棄するような

肉や魚を使用していることもあります。

 

 

さらに、キャットフードを海外から輸送するため、

保存性と防腐性を高めるために

添加物なども多く含まれている場合もあります。

 

 

安いキャットフードであっても、

総合栄養食とされており、

栄養がバランスよく摂れるように

整えられているのですが、

 

調整は原材料ではなく

薬品を使用して行われています

 

 

 

 

猫の嗜好を高めるために塩分・油分が加えられることも

 

また、ネコの嗜好性を高めるために

塩分や油分を追加しているキャットフードあります。

 

 

安いキャットフードすべてが粗悪なものとは限りませんが、

人間が食べるものではないため、

実際にこのようにできるだけ

安くするようにしているケースは多く、

安全性は疑わしいのです。

 

愛猫の健康を守るために、

安いキャットフードは選ばす、

製造方法や材料を調べてから吟味する必要があります。 

 

最近では、無添加のキャットフードも増え

猫の健康を考える飼い主も増えてきています。

 

【参考サイト】

以下は、無添加キャットフードについてを

詳しく紹介しているサイトです。参考にどうぞ。

 

http://xn--t8j4aa4n8hye9ai1i6fzl.com

http://allabout.co.jp/gm/gc/31812/3/